ローカライズ

Syntax Highlighterのローカライズ(日本語化)について


Syntax Highlighter の日本語化

configで設定します。

config Ver contents
expandSource recent "+ expand source"
help recent ?"
alert recent "SyntaxHighlighter\n\n"
noBrush recent "Can't find brush for:"
brushNotHtmlScript recent "Brush wasn't made for html-script option:"

次のconfigはバージョン3では使用しません

viewSource 2.x "view source"
copyToClipboard 2.x "copy to clipboard"
copyToClipboardConfirmation 2.x "The code is in your clipboard now"
print 2.x "print"

Jsファイルの圧縮

JSファイルの容量が気になる場合は圧縮します。圧縮方式にもよりますが、だいたい3分の1から5分の1の大きさになります。

圧縮にはClosure Complilerなどのサービスを利用します。(元々のファイルの圧縮方式がどうなっているのかは調べていません。圧縮形式の違いによる動作の違いは発生しません。)

(2010.12.01) configの編集で日本語化できるようになったため、JavaScriptソースを直接編集して圧縮する必要はなくなりました。

 

↑このページの先頭へ